ブログエントリー

  1. ブログエントリー

ワイズ・コンサルタンシー ブログエントリー

ブログエントリー|ワイズ コンサルタンシー
海外生活20年の弊社コンサルタントによる、日々の生活を気ままに綴ったプログ「世界で生きる(今はドバイ)」。
このページでは最新記事の10件まで見る事ができます。最新の10件より前のブログエントリーをご覧になりたい場合、またはブラウザーにより表示されない場合は、

世界で生きる(今はドバイ)[外部リンク]

をご覧下さい。
ブログの詳細はタイトル/画像をクリックでご覧いただけます。external link

<スポンサー広告>

MAY
10
徐々に形を表してきた、VAT(付加価値税)導入のフレームワーク
By:
UAE(を始めGCC諸国全体)では、過去数年のオイル価格の下落とその長期化の予想の影響から、付加価値税(VAT)の導入を決めた事は1 年以上前のコラム、「ドバイ/UAEでVAT(付加価値税)導入が発表された」で書いた。時が経つのはとても早い。(子供が生まれてからは特に・・・)実際の運用開始を8ヶ月後に控え、純粋なスペキュレーションを含め現在さまざまな情報が出てきている。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); UAEのVAT導入のフレームワーク(Educated Guessによる)UAEのMinistry of Finance(財務局)が最近様々なオープン・ワークショップを行っており、法律の根幹となるであろう様々な事項が一般にシェアされはじめた。 そこで、ここでは弊社で耳にした(目にした)いくつかの事項についてまとめたい。(あくまでもウワサの範疇で、実際の運用がどうなるかはまだ未定) 付加価値税率は5%で、一部のアイテムにはゼロ%。 年間AED375,000以上(1000万円程度)の売上がある企業が対象で、年間AED187,500以上の会社は自由意志にによる申告 VAT専用のポータルサイトが2017年10月1日にオープンするだろう 付加価値税の支払いは四半期ごとが濃厚 VAT税の登録と支払いは電子決済にて 医療と教育セクターは非課税 不動産セクターには特別なルールが設けられる可能性ファイナンシャルセクターとフリーゾーン会社については特別なルールか設けられる予定であるが、今のところ詳細は未定 GCC諸国内の貿易取引に関しては、特別なルールが設けられる予定。 ここで上記から個人的に気になるものを幾つかピックアップしたい「一部のアイテムにはゼロ%」前回VATに関するコラムを書いたときには、付加価値税の除外アイテムリストの中に「自転車」というのがあって、「え?」と思われた方も多いかもしれない。これは何かと運動不足で糖尿病患者の多い状況を打破したい、というUAE政府の思惑ならでは、という感じがしたのだが、視点は違うが最近ドバイでは「ドバイを世界一のスマートシティにする」という目標を掲げており、自転車を始めクリーンエネルギーに関連する事業に関心が

Read more   >>
APR
25
ドバイ ナーサリー(幼稚園/保育園)事情
By:
今月(4月)から1歳4ヶ月になるムスコがナーサリーに行き始めた。ナーサリーとは日本の幼稚園/保育園の様なところだ。日本と違うところは国のお金は全く入っていないので、当然のことながら値段が高くなる。 ちなみにうちで通わせているところは3ヶ月でAED12000程度。日本円でおよそ36万円強。 よって年間でおよそ150万円弱かかる。 別にうちでは名門幼稚舎に入れてるわけではない。どこもそんな値段設定なのだ。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 日本では国民が公共サービスを安価に、かつ当たり前の様に受けるので、やれ保育園に子供が入れなかったから日本死ねとか、年5万円の給食費を払いたくない(払えない?)とか、「は?」と思うニュースを目にするが、実際医療や教育などは、ドバイに住む外国人の様に全て自費で賄うとなると非常にコストがかかる事がよくわかる。 よって自分で全てを払っている分、何にどれだけコストがかかるのかが非常に実感しやすい。 ただしその代わりドバイでは税金は無いので、給与のうち可分所得は一般的に多め、その所得をどう使うかは本人次第、というシステムなのだが。 一方、日本ではどれだけコストがかかるかは税金によって賄われるのでよくわからず、そのコスト感を実感する事なく国民が当たり前の様に公共サービスを受けるので、当たり前にサービスを享受する国民の手前、いつまでも赤字国債を発行し続けてしまう、という状態になっているのだろう。 ちなみにドバイのナーサリーだが、これだけ払っても至れり尽くせりではない。昼食やスナックは用意して持たせなければならないし、時間は午前8時から午後3時まで。(もちろんもっとお金を払えば午後6時ごろまで面倒見てくれる)クラスの内容も1歳児だから、遊ばせたり音楽を聞かせたりとか、バウンサーの上でリラックスしたりとか、まあ教育というほどのものではない。 早速ナーサリーの洗礼を受けるナーサリーに行き始めると途端に病気にかかる、という話は聞いていたのだが、1週目を終えた週末、早速ムスコは手足口病にかかる。 実はナーサリーに通わせ始める2〜3週間前に、ナーサリーからのお知らせメールで、ベイビークラス(ムスコが入る予定のクラス)で手足口病が出たので、症状がある子供は絶対ナーサリーに来させない様に

Read more   >>
APR
24
またまたiPhone7が当たった
By:
今年に入って早々、iPhone7(32G:最もベーシックなモデル)が当たるというラッキーな出来事があった。その当たりは2等賞で、1等はホリデーパッケージだったらしいが、私が使っているiPhone 5はすでに4、5年前のモデルだったので交換するにはちょうど良い時期だった。出先でのメールのチェックや返信も画面が大きい方がやりやすいし。 そして当たったiPhone7を使い始めて2ヶ月。今度は個人口座の取引先の銀行、Emirates NBDから電話があった。「iPhone7 Plusに当たりました。おめでとう!」だと。 今までの人生、懸賞らしきものは当たった試しが無かったが(そもそも宝クジとか買わないんだけど)、 こんな短期間でiPhone 7が二度も当たるとは。 ちなみにこれも2等賞だった。1等はホリデーパッケージ。またiPhoneですか?と言う感じで複雑な気分ではあるのだが。 でも当たりは当たりなので、嬉しいことは嬉しい。 これはきっと日頃の行いが良いからに違いない。いや、一生分の運を使い果たしているのかも・・・ 妻は宝クジでも買ったらどうかと言っていて、今年の日本一時帰国の際にはマカオに寄ってく事が決定した。 それはさておき、早速取りに行くと、iPhone 7 Plusは巷で人気のピアノブラックモデル(128ギガバイト)だった。 そこで私としてはiPhone 7 とiPhone 7Plus を比較して、使いやすい方を使用し、使わない方を妻にあげると言うことになった。iPhone 7Plus vs iPhone 7 vs iPhone 5 [PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そんなわけで当初の予定は私がiPhone 7Plusを使って、iPhone 7を妻にあげようと思っていた。 機能充実、容量も大きいし、何と言ってもハイポなピアノブラック仕様だし。 そこで数日間iPhone 7プラスを使ってみる。 私がすでに持っているiPnone 7との違いはざっくりと以下だ。 良い点 画面が大きい 背景ボケ写真が撮れる 容量が大きい(私の大量の音楽ライブラリデータを全て入れられてしまう大容量) 悪い点 でかくてスリムなズボンのポケットに入れると窮屈 結構重くて厚みもある 片手で文字入力ができない

Read more   >>
MAR
06
LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)を観てアメリカのグレイトさを思う。
By:
アカデミー賞などを受賞して話題のLA LA LAND(ラ・ラ・ランド)を映画館で観た。ちょうど妻の誕生日イベントを企画していたところ、妻が観たい、と言い出したからだ。ミュージカル仕立てのロマンス映画なんだそうだ。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ミュージカル… 実は私ミュージカルが苦手だ。いきなり踊り始めちゃったりなんかして、なんかこう、クサいというか大げさというか、いまいちリアリティに欠けるからだ。批判を恐れずに言ってしまえば、ミュージカルは「女の子趣味」で乙女チックなのではないかと思っている。 だが妻はミュージカル好き。 しかもLA LA LAND(ラ・ラ・ランド)はロマンス映画・・・ さすがにおっさんになるとなかなか恋愛映画には興味が湧かない。もう「胸キュン」とか有りえないもんね。どう考えても。 でもまあ、妻の誕生日イベントなので・・・ というわけで、あまり興味は無かったものの、映画館へ行く前にトレーラー(予告編)をチェックする。するとロマンス映画だが、ジャズも題材だという。しかもライアン・ゴスリングが主演している。 私、最近ではライアン・ゴスリングの出演する映画は結構好きでよく見る。 もともとジャック・ニコルソンが出演する映画(特に70年代)はどれも好きで、1974年のチャイナタウン(Chinatown)をはじめ好きな映画がいくつかある。チャイナタウンなんか、多分10回は見たと思う。何度見てもイイ。 そのレベルとは言わないが、最近若手俳優で、オートマチックに出演映画を見てもいいかな、と思うのはライアン・ゴスリングだ。 そんなわけで、久々に映画館まで行って観た、ラ・ラ・ランド。 冒頭からハイウェイで踊り出すミュージカルぶりで、あちゃ〜、という感じで見始めたのだが。 終わってみると、これがなかなか良かった。(ミュージカル仕立ても部分的でそれほど気にはならなかった) なんというか、ドバイに来て早10年、 忘れかけてた「何か」を思い出させてくれる映画だったジャズは死にかけている・・・ 葛藤しながらもトラディショナルなジャズを追求するライアン・ゴスリング扮する主人公と恋に落ちる女優の卵。 実は私、今はなぜかドバイでコンサルタント会社を経営しているが、妻と出会ったのはニューヨ

Read more   >>
FEB
28
世界通貨/基軸通貨の存在感をすっかり失っている日本円
By:
少なくともドバイでは。ドバイは「世界の主要金融センターの1つ」と言い切るのはちと時期尚早ではあるが、中東一の金融ハブであることは間違いなく、世界的にもその地位を高めつつある。 アメリカや日本、またその他の多くの国と違い、出入国時に持ち込める現金の限度は(事実上)無く、個人法人を問わず、銀行では様々な通貨の口座を開設でき、金融の自由度は高いからだ。 だがここ2年ほどで明らかに変わったことがある。それは日本円に対する対応だ。 日本円口座が開設できない かつては個人口座、法人口座に関わらず、UAEの銀行では日本円口座の開設は当たり前に可能だった。 そりゃ、円はハードカレンシーの1つなのだから。 ところが1、2年前から法人口座の円口座開設は「銀行マネージメントの認可ベースだ」と言われるようになり、事実上不可能となってしまった。(個人口座は居住者であればまだ一応可能な銀行もある) 一方Brexit(ブレグジット)を境に一気に安くなったりして混乱している英ポンドの口座開設は今でも全く問題がない。 まあそれなりに英国人と英国がらみのビジネスも多いポンドの扱いと違い、ドバイでは現状今ひとつ存在感の薄い日本円ではしょうがないかな、という程度に考えていたのだが。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ところが最近は、ある程度まとまった日本円をキャッシュで日本から持って来て、ドバイの銀行口座に預金しようとしたケースですら断られる、という事態も出て来た。大きな銀行でもだ。 以前はその預金先の口座が円であれ、AEDであれ、USDであれ、大小どの銀行でも全く問題なく可能であったのだが。 本来基軸通貨であったはずの日本円を大手銀行ですら欲しがらない・・・ よってドバイで日本円を持っていても、銀行が受け付けてくれないので、レートの悪い両替商でUAEディルハムやUSドルに交換して預金するしかない、という状況になっている。 そしてさらに・・・ 自分の円口座にある日本円すらも引き出せない最近、とある日系法人がUAE最大の銀行で、自社の円口座から日本円(300万円ほど)の現金引き出しを銀行に依頼したところ、その程度の額であっても引き出せない(=銀行が円を用意できない)という事態まで起こった。 とにかくUAE銀行の「円嫌い」は本

Read more   >>
FEB
01
ドバイ移住のための心得(言語編)
By:
などと偉そうなタイトルを付けてみたが。最近は「ドバイ移住を真剣に考えてます」という弊社のお客様も増え、ドバイの生活について様々なことを聞かれることが多くなった。 特によくこんな質問をされる。「なぜドバイに来たのですか?」と。 私の場合、理由は簡単。その前はアメリカ(主にニューヨーク)が長かったが、アメリカを出ようとして英語圏で職探しをしたら、たまたまドバイのコンサル会社に雇われたから。ちなみに当時ドバイ経済はバブル中で、ついでに職探しを始めた妻もあっという間にドバイで職が見つかり、ドバイへ移住して来る時にはすでに2人とも職がある、という状態だった。 その後、私は自身のコンサルティング会社を立ち上げたのだが、ドバイに来なければ自分でビジネスを始めるなど考えてもみなかったし、今では息子も生まれて家族は大きくなり、かつ経済的にも余裕が生まれ、ドバイ移住は我が家にとっては色んな意味で大正解だった。 そんな私の在ドバイも今年丸10年を迎えようとしている。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そこで、よく聞かれる質問を交えながら、ドバイに住むということが一体どうなのか書いてみたいと思う。 他によく聞かれる質問としては、「ドバイって住みやすいですか?」という事。これはいくつか要素があると思うが、とりあえず暑いとか雨が降らないとか緑が生えない不毛の地だ、といった事はさておき、精神論的な事(主に語学とコミュニケーションについて)を書いてみたい。 日本人の海外生活者と言っても世界中いろんな地域で生活する人がいるが、私が思うに日本に近ければ近いほど「住みにくさ」のハードルは低いと思う。 例えばアメリカやヨーロッパよりもアジアの方が暮らしやすい。人種が同じアジア人だから、というも大きな理由の1つだろう。同じアジア内ならドバイを始めとした中東よりもシンガポールやバンコクなんかの方が日本人にとっては暮らしやすいと思うし、香港なら一層海外生活のハードルは低いと思う。日本に対するリスペストの大小によっても「住みやすさ」は違うのかもしれない。 同じアメリカでもニューヨークよりも日本に近いロサンゼルスはより生活しやすいし、ハワイなら尚更だろう。 私の経験からアメリカとドバイ(UAE)を比べた場合、圧倒的にドバイの方がアメリカより

Read more   >>
JAN
15
エジプト その3
By:
観光地としては、やっぱりピラミッドが一番か今回、様々な遺跡を見て回ったが、やっぱりギザのピラミッドが一番良かった。この巨大な建造物が5000年も前の人間によって作られ、内部の構造など未だに様々な謎に包まれたままだなんてアンビリーバブルかつロマンチックでもあります。[PR] それからルクソールの王家の谷とツタンカーメンのマスク(エジプト古代史博物館)も良かったね。ツタンカーメンのマスクは今から3000年以上前の遺物とは思えない精巧さと輝かしさを保っています。そしてエジプト古代遺跡と言っても、一言で「古い」では片付けられません。5000年前という歴史もさることながら、ギザのピラミッドができた時代とツタンカーメンの時代は余裕で1000年以上の違いがあるわけで、言ってみれば私と聖徳太子の時代の間の時間軸があるわけです。非常にスケールが大きいエジプト古代遺跡です。地方とカイロ 旅程はルクソールからエジプト入りし、その後ナイル川を上ってアスワン〜アブシンベルへ行き、カイロへ向かう、という流れだったが、この過程でカイロと地方の圧倒的な格差を垣間見る。 ホルス神殿があるエドフの街。 ここでは子供が結構働いている。義務教育というのは無いんだろうか。それから街で見かける/働いているのはイスラム教国の古い価値観を感じさせる男ばかりだ。 一方カイロで泊まったメナハウスでは普通にエジプト人女性がヒジャブを頭に巻くこともなく働いているのでよりオープンであることがわかるし、街中も地方とは明らかに違い、富が集中している感がある。 雑多だがエジプトのヒト・モノ・カネがあつまっている感のあるカイロ。そのような格差と環境が、アラブの春直後に、より宗教色の濃いムスリム同胞団が地方の多数の支持を受けて政権を握った理由なのだろう。 今回ツアー旅行ということで街中には全く出られなかったので、街の人々の様子が見られなかったのは非常に残念だったが、その辺は次回に機会があればと思う。私が住んでいるドバイから近いからね。 治安は言われている程は悪くはなさそう と思っていたら、エジプトからドバイに帰ってきた直後に2つのテロが発生。 いずれもカイロで、1つはギザのピラミッド近くの警察が集まる検問所、もう1つはコプト教徒の教会爆破事件。 エジプト旅行中には観光バスに銃を持った警察官1人が帯同するケースが結構あったが

Read more   >>
JAN
14
エジプト その2
By:
人生初の団体旅行にてシニア両親とともに行って来たエジプト旅行だが、ピラミッドがどうだった、ナントカ神殿がどうだった、という旅行記を書くのも面倒なので、エジプトを回って思ったことをツラツラと書きたいと思う。ナイル川クルーズはなかなかいい 今回のツアーは羽田発、ドーハ(カタール)経由のルクソール入り、という日程で、ドバイに住む私は現地ルクソール集合(実際にはドーハから同じ飛行機)にて参加。ルクソールから早速観光スタートしてナイル川クルーズに乗り込む。 このナイル川クルーズは、ルクソール〜アスワンの間を4、5日かけて、ナイル川沿いの遺跡を観光しながらクルーズ船にてゆったりと移動する。 どちらかというと日本人の忙しい旅行とは違い、私好みのゆったりした旅行スタイルだ。 我々が乗船したのはNile Goddessという名前の船だったが、メシはマズくなく相対的にまあまあだった。 五つ星という触れ込みだが、ドバイ的視点で見ると「デイラ(旧市街)の中級ホテル」といった趣。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このクルーズには我々のツアー(クラブツーリズム)と、もう1つの日本のツアー客が乗船していて、日本人の貸切となった。ゆったりとナイル川を上るクルーズは、忙しい日常を忘れさせてくれてリフレッシュできた。特に今回は日本に住む両親と一緒だったので、普段会わない両親とゆっくりと話をする機会ができて非常に良かったと思う。(まともなWIFIサービスが無くて仕事メールをチェックできなかったこともある意味良かった。)ところで(予想はしていたのだが)、旅行している日本人はシニア層ばかり。それは我々のツアー内の話だけでは無い。観光スポットで見かける日本人全般の話。 カルナック神殿にスカラベ(ふんころがし神様)の像があって、その周りを6周まわると結婚できる、という逸話があるらしい。日本語ガイドさんがその話をした後、ツアー客の中からまだ結婚していなさそうな人を見回し始めた。嫌な予感がしたのだが、そこで「結婚してますか?」との質問を浴びせかける為に選ばれたのは私だった。つーか、私46歳なんですけど・・・ まあ、そんな感じのシニア度なのだ。 ここで偉そうに日本人の休日と海外旅行に関して感じることを。まとめて休日が取れる時期では無いのはわ

Read more   >>
JAN
14
エジプト その1
By:
エジプトに行ってきた。 ドバイからエジプトまでは飛行機で4、5時間と行きやすく、同じ中東ということでドバイ住民にとっては最も行きやすい世界的な観光地の1つだ。 だがアラブの春以来、エジプトの情勢は混乱し、簡単に行きたいと思える場所ではなくなった。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 実は私自身、エジプトのピラミッドやナスカの地上絵、アテネのパルテノン神殿など「古代遺跡を見に行く旅行」というのは特別興味がなく、パリやニューヨークなど、どちらかと言えば現代の文化的な要素を体験できる場所へ行きたい、という思考なので、もともとエジプト旅行にはそれほど魅力を感じていなかった。 で、なぜエジプト旅行なのかというと、日本に住む私の父が前から行きたいと言っていたからだ。 それはすでに4、5年前から言われていたことだが、とにかくエジプトの情勢が悪くて、70代シニアの両親を連れてのエジプト行きなどとても実現しそうもなかった。 だがシシー大統領が就任して以来、情勢も一応安定して来た そんなわけで両親を連れたエジプト旅行の計画を始める。(正確には妻が調べてくれたのだが) 一旦我々が住むドバイに両親に来てもらい、その後私を含めてエジプトへ向かうという計画だ。 実際、個人旅行スタイルでのエジプト旅行を計画してみると、ガイド料金が結構高い、公共交通機関がよくわからん、など結構ハードルが高い。特に移動は両親ともにシニアなだけにいちいちタクシーやバスなどで価格交渉して移動するのはキツい。 それから遺跡を回るのに説明してくれるガイドは必要だよね。そもそも英語ガイドだと私の両親はチンプンカンプン。日本語ガイドを個別に雇うと結構高い。 そんな状況でいると、私の母から、たまたまチラシで来たエジプトツアー(団体旅行)のコースがお父さんの行きたいところにぴったりだという。 ツアー・・・ 私個人的にはツアーに参加したことは人生で一度も無く、全く別世界のモノであるわけだが。 という理由は、 そもそも団体行動が苦手 旅行に行ってまで時間通りに行動するのは嫌朝が早いのも嫌団体様専用レストランはどこもマズい などなど。 だけどまあ、今回の旅行は両親のための両親の旅行というなので。 そんなわけで人生初のツアー(団体旅行)を体験することとなった・・・エ

Read more   >>

お問い合わせ


電話(UAE番号) IP電話(日本から)
 電話/IP電話は、平日(日〜木)ドバイ時間のみ(時差5時間)の対応です。LINE | SKYPEでもお問合せ頂けます。ID:ys-consultancy.com
Share by: