市場調査|ビジネス支援

市場調査|市場開拓|展示会出展|代理営業サービス

ドバイ展示会情報|ワイズ コンサルタンシー
ワイズはグローバル市場にて調査業務、マーケティング業務を行う経営コンサルタントです。特にワイズが本拠を置くUAEをはじめとしたGCC諸国は、世界で最も購買意欲の高いエリアです。

ワイズ・コンサルタンシーでは中東・MENA地区最大の見本市への出展や、中東エリアに限らないグローバルな市場調査、現地企業への代理営業等、御社のグローバル展開を包括的にサポートいたします。

中東・MENAへの進出はまずドバイから

世界貿易のハブであるドバイは中東ビジネス(サウジ・アラビア、カタール、オマーン、バーレーン等)への玄関口であるだけでなく、今後発展が予想される北アフリカやイラン、中央アジア等へのビジネスのスタート地点・本拠地として最適な場所です。英語が公用語で人口の90%が外国人のここドバイでは、言葉の問題や宗教的な慣習にとらわれずに安全にビジネスを開始することが出来ます。
  • ドバイ・アブダビで実際に引き合いがあるのだろうか?
  • 競合製品はなんだろう?
  • どんな会社がこの技術や製品に興味を持ってくれるのだろうか。
  • そして価格設定は?
海外進出を考える日本の企業様に対し、わかりやすい市場調査とフィージビリ・スタディを提供します。
人種のるつぼドバイにおいてどの層に受け入れられそうなのか、競合する製品、会社はどこだろうか、また実際進出する際はどのような手続きが必要なのか、などさまざまな情報を集めたいときに最適なサービスです。
まだドバイ進出は早いかもしれないが、引き合いがあるのなら真剣に考えたい、という場合にもご利用していただけます。


グローバルな市場/業界/法人調査、マーケット・リサーチ

ワイズ・コンサルタンシーではドバイ・中東・MENA地区に限らず、世界のあらゆる地域での調査業務を承っております。グローバルな知識・ネットワークを持つワイズのサービスをぜひご利用下さい。

市場調査・作業の流れ

  1. 調査内容に関して打ち合わせ(メール、スカイプ、電話にて)
  2. クライアント様のご要望を踏まえ、スペック表を作成
  3. 前金(50%)支払い
  4. 調査・レポート作成
  5. 調査レポート、データの送信、発送
  6. 残金/経費お支払い
  7. 追加のご質問等に対して対応

過去の調査業務事例、サービス事例


  • ドバイ・該当フリーゾーン誘致政策調査(ドバイ/UAE)
  • 米国ライフサイエンス業界M&Aポシビリティ調査(アメリカ合衆国北東部)
  • 米国ロジスティックス業界調査(ロサンゼルス/アメリカ合衆国)
  • 米国EVパーツ業界調査(ノースカロライナ/アメリカ合衆国)
  • ドバイ/中東健康サプリメント業界調査(ドバイ/UAE)
  • ドバイ/アブダビ、タクシー事業者調査(UAE)
  • 香港NVO企業調査(香港)
  • 東南アジアOTA業界調査(シンガポール、タイ)
  • レストラン開業フィージビリティ調査(ドバイ/UAE)
  • 震災後のUAE食品輸入規制調査(UAE)
その他、多数。

通常の市場調査/フィージビリティ・スタディから、受容性調査、競合調査、特定の業界調査等、あらゆる調査業務を承ります。

ドバイ|UAE視察ツアー、商談アテンド

現地ドバイの情報に詳しい弊社コンサルタントが御社の視察ツアーに同行し、商談の際の通訳、車社会ドバイでの移動、現地ビジネスパートナーのご紹介、各種アポ取り、現地商慣習のご説明等、AED1,200Dhs/日にて承ります。現地の事情に詳しい人間が同行することによって御社のビジネスの可能性を飛躍的にアップさせることが出来ます。通常の通訳を雇う以下の料金で圧倒的なビジネス・パフォーマンスの向上を約束します。詳しくはお問い合わせフォーム、またはメールにてご連絡下さい。

展示会/見本市出展、フォローアップ・サービス

ドバイでは毎年、中東・北アフリカ最大の展示会/見本市がワールド・トレード・センターにて開催されています。アブダビ・中東(GCC)・MENAエリアへの進出を考えた場合、まず展示会に出店し感触を得ることはその後の戦略を立てる意味でも非常に有意義であるといえます。ワイズでは出展の申し込み、ブース・家具の手配から、当日の通訳などのコミュニケーション・サポート、展示会後の営業代行サービス等、包括的に御社のUAE進出をサポートいたします。

ウェブ・マーケティング

インターネットの普及により、WEBマーケティングを利用した海外進出はより身近なものになりました。ワイズでは外国語ホームページの制作やオンライン広告など「技術」「言語」「海外のビジネス慣習」すべての面をフォローしたWEBマーケティングを提案しています。

ダイレクト・マーケティング(営業代行サービス)

*大変申し訳ありませんが、現在このサービスの提供は停止しております。

御社に代わってドバイでの営業を代行するサービスです。ドバイへ社員を派遣しますと生活費の高いドバイでは思いのほかコストがかかってしまいます、海外営業担当者が何度もドバイへ足を運ぶのも大変でしょう。

英語でのビジネスが基本のドバイではビジネスレベルでの英語力も必要とされます。そういった海外営業のわずらわしさをすべてアウトソースすることによって、御社は日本にいながら顧客の獲得が期待できドバイ進出の土台を築くことができます。(売り上げを保証するサービスではないことをご了承ください。)

弊社にはドバイでで30年以上商売をしているビジネス・パートナーがおります。われわれは常に魅力ある日本製品・ビジネスを探しています。御社の商品のドバイ及びGCC、イラン、インド等での流通の可能性についていっしょになって考えます。御社の製品・商品についてお問い合わせフォームよりご連絡下さい。弊社コンサルタントが折り返しご連絡さしあげます。

ドバイビジネス関連コラム

タイトル/画像をクリックで詳細をご覧いただけます。external link

<スポンサー広告>
AUG
27
我が家の空気清浄機選び〜ヨーロッパ製vs日本製〜その結末は・・・
By:
我が家では空気清浄機を買うことにした。 かれこれ18年飼っている猫の抜け毛がひどく、1歳8ヶ月のマイサンの鼻タレが止まらないのだ。 ちなみにマイサンはその他のアレルギーは大したことないが、よりによって猫アレルギーが最高レベル。私と18年間苦楽を共にしてきた猫を手放すわけにもいかない。(しかも手放すにしろ、糖尿病で毎日のインスリン注射が欠かせない老猫を誰がもらってくれるだろうか・・・)よって掃除機ロボットRoombaで毎日部屋の中を掃除をするなど、何とか対応していた。  だが今は猫の抜け毛シーズンらしく、さらなる対応が必要になったのだ。 というわけで・・・ 空気清浄機購入のリサーチを開始最近Amazonに買収された、ドバイではNo.1ネットショッピングサイト、souq.comを物色する。 調べ始めると早速行き詰まってしまった。空気清浄機ほど各商品の違いがわからない電気製品はほかに無い。何しろ、空気がどれほどキレイになっているか、どれが効くのかは数値で表せないため客観的に判断するのが難しく、どれを選べばよいかまったくわからない。今日の我が家の環境 in Dubai[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); しかもドバイで空気清浄機を販売しているのは、日本製では日立、パナソニック、シャープとよく知られたメーカーだが、日本以外のメーカーはよく知らないメーカーが多い。商品の良し悪しの前に、どこの国のメーカーで、そして信頼に足るメーカーなのか調べたいので、それだけでかなりの労力が必要だ。 というわけで、最初のうちは安心の日本製:日立、シャープ、パナソニック、の3社に加えて、うちでも掃除機を愛用しているダイソンの中からどれかかな、という感じだったが決め手を欠いていた。 ドバイではPM2.5はさほど脅威では無いし、湿度は乾燥していないので、特別ハイパフォーマンスである必要も、加湿機能が付いている必要もない。だが猫フケなどアレルゲンは最低限除去してほしい。というわけで、予算AED2,500(74000円程度) アレルゲンを除去する性能だというHEPA フィルター搭載 あまりインテリアを害さない(大きくない方がよい) よって必ずしも部屋全体を清浄する必要はない あたりが条件となっ

Read more   >>
AUG
22
最近のバイク増加とドバイ飲食業界
By:
 最近町中を運転していて感じることがある・・・ 以前に比べやたらとバイクが多いのだ。 夏真っ盛りのドバイでは気温50度近くに上がることも多く、夏はレジャーでバイクに乗るなどあり得ず、真夏にバイク乗りを見ることなど殆ど無かった。 だが今年はバイクがやたらと多い。 というのもレストランからのデリバリー・バイク(出前のバイク)が今年はやたらと増えたのだ。そして今までのようにレストランに所属したデリバリーバイクが増えたのみではなく、デリバリー専門業者というのが登場したのがその原因の様だ。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ドバイレストラン(飲食ビジネス)事情 ドバイのレストランに行くと、結構お客さん少なくスカスカ、これでよく営業していけるなぁと思うことがよくある。UAEではビジネスに対する法人税はないが結構家賃は高い。(VAT=付加価値税は2018年より導入予定。) ドバイ/UAEでVAT(付加価値税)導入が発表された人件費はある程度安いが、あまりにもお客さんが入っていないとちゃん営業していけるのか心配になる。 さらにドバイでは、お酒が出るレストランというのは「お酒を扱う」ライセンスを持つホテルに入居しているレストランに限られ、普通の町中の飲食店はお酒を振る舞えないため「お客さんがお酒を飲むことによって客単価を上げる」という安易な儲け方ができない。 当然のことながら、レストランビジネスでは調理する手間のかからないお酒で儲けられれば効率がよい。 そんなドバイの飲食業界において、誰もが知っている人気店は別にして、昔からコストを抑えて成功する1つの戦略として挙げられるのは、店舗は小さめにしてスタッフも最小、店への集客はそれほど力を入れず、デリバリーを主要なビジネスに育てる、というものだ。 完全車社会のドバイでは、ちょっと近所に行くにも車に乗るケースが多く、デリバリー(出前)の需要も大きい。シンガポールなどと同様に夫婦共に働いている人々も多いので、シンガポールの様にレジデンスにホーカーセンター(フードコート)のようなものが隣接していないドバイでは、デリバリーのニーズも多いと思う。 とは言っても、デリバリー戦略もけっこう大変なところがあって、例えばデリバリーバイクやデリバリー社用車を用意するのみなら

Read more   >>
MAY
10
徐々に形を表してきた、VAT(付加価値税)導入のフレームワーク
By:
UAE(を始めGCC諸国全体)では、過去数年のオイル価格の下落とその長期化の予想の影響から、付加価値税(VAT)の導入を決めた事は1 年以上前のコラム、「ドバイ/UAEでVAT(付加価値税)導入が発表された」で書いた。時が経つのはとても早い。(子供が生まれてからは特に・・・)実際の運用開始を8ヶ月後に控え、純粋なスペキュレーションを含め現在さまざまな情報が出てきている。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); UAEのVAT導入のフレームワーク(Educated Guessによる)UAEのMinistry of Finance(財務局)が最近様々なオープン・ワークショップを行っており、法律の根幹となるであろう様々な事項が一般にシェアされはじめた。 そこで、ここでは弊社で耳にした(目にした)いくつかの事項についてまとめたい。(あくまでもウワサの範疇で、実際の運用がどうなるかはまだ未定) 付加価値税率は5%で、一部のアイテムにはゼロ%。 年間AED375,000以上(1000万円程度)の売上がある企業が対象で、年間AED187,500以上の会社は自由意志にによる申告 VAT専用のポータルサイトが2017年10月1日にオープンするだろう 付加価値税の支払いは四半期ごとが濃厚 VAT税の登録と支払いは電子決済にて 医療と教育セクターは非課税 不動産セクターには特別なルールが設けられる可能性ファイナンシャルセクターとフリーゾーン会社については特別なルールか設けられる予定であるが、今のところ詳細は未定 GCC諸国内の貿易取引に関しては、特別なルールが設けられる予定。 ここで上記から個人的に気になるものを幾つかピックアップしたい「一部のアイテムにはゼロ%」前回VATに関するコラムを書いたときには、付加価値税の除外アイテムリストの中に「自転車」というのがあって、「え?」と思われた方も多いかもしれない。これは何かと運動不足で糖尿病患者の多い状況を打破したい、というUAE政府の思惑ならでは、という感じがしたのだが、視点は違うが最近ドバイでは「ドバイを世界一のスマートシティにする」という目標を掲げており、自転車を始めクリーンエネルギーに関連する事業に関心が

Read more   >>
FEB
28
世界通貨/基軸通貨の存在感をすっかり失っている日本円
By:
少なくともドバイでは。ドバイは「世界の主要金融センターの1つ」と言い切るのはちと時期尚早ではあるが、中東一の金融ハブであることは間違いなく、世界的にもその地位を高めつつある。 アメリカや日本、またその他の多くの国と違い、出入国時に持ち込める現金の限度は(事実上)無く、個人法人を問わず、銀行では様々な通貨の口座を開設でき、金融の自由度は高いからだ。 だがここ2年ほどで明らかに変わったことがある。それは日本円に対する対応だ。 日本円口座が開設できない かつては個人口座、法人口座に関わらず、UAEの銀行では日本円口座の開設は当たり前に可能だった。 そりゃ、円はハードカレンシーの1つなのだから。 ところが1、2年前から法人口座の円口座開設は「銀行マネージメントの認可ベースだ」と言われるようになり、事実上不可能となってしまった。(個人口座は居住者であればまだ一応可能な銀行もある) 一方Brexit(ブレグジット)を境に一気に安くなったりして混乱している英ポンドの口座開設は今でも全く問題がない。 まあそれなりに英国人と英国がらみのビジネスも多いポンドの扱いと違い、ドバイでは現状今ひとつ存在感の薄い日本円ではしょうがないかな、という程度に考えていたのだが。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ところが最近は、ある程度まとまった日本円をキャッシュで日本から持って来て、ドバイの銀行口座に預金しようとしたケースですら断られる、という事態も出て来た。大きな銀行でもだ。 以前はその預金先の口座が円であれ、AEDであれ、USDであれ、大小どの銀行でも全く問題なく可能であったのだが。 本来基軸通貨であったはずの日本円を大手銀行ですら欲しがらない・・・ よってドバイで日本円を持っていても、銀行が受け付けてくれないので、レートの悪い両替商でUAEディルハムやUSドルに交換して預金するしかない、という状況になっている。 そしてさらに・・・ 自分の円口座にある日本円すらも引き出せない最近、とある日系法人がUAE最大の銀行で、自社の円口座から日本円(300万円ほど)の現金引き出しを銀行に依頼したところ、その程度の額であっても引き出せない(=銀行が円を用意できない)という事態まで起こった。 とにかくUAE銀行の「円嫌い」は本

Read more   >>
NOV
27
「日本の接客」ってそんなに素晴らしいか?
By:
のっけから言ってしまうが、ただ単にマニュアル的なだけなんじゃないの?と言うのが私の意見だ。 テレビ東京の世界を扱った経済番組「未来世紀ジパング」や「ガイアの夜明け」などを見ていると、やたらと「日本の接客」がいかに素晴らしく、それを海外に持ち込むことでビジネス勝機がある、みたいな内容の放映をよくやっている。 日本にお住まいの方々は、海外に出店している日本企業の接客が、他国企業のダメな接客とは圧倒的に違い、教育が行き届いていて素晴らしいもので、それが非常に評価されている、と単純に思うだろう。 ちなみにドバイに住んでいる私が最も嫌な思いをしたのが、じつは中東で最も進出に成功している日本企業、ダイソーだ。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 事の顛末はこんな感じ。ドバイのとあるモール内のダイソーで支払いを済ませ、お釣りをもらう。 5Dhs札を財布に入れつつ店を出たところ、もらったお札の4分の1程度が破れて無くなっている事に気づく。こんなお札では他では使えない可能性が高いので、レジへ戻りレジのお姉さんに交換をお願いしようとしたが、レジ接客中だったので隣にいた袋詰めしているおっさんに言うと「交換しない」と言う。 そもそも袋詰めおっさんに何か言っても意味がないので、おっさんは無視して接客が終わったところでレジの姉さんに交換をお願いする。いたって普通の態度で。 ところで批判めいてしまってアレだが、アジア人を始めとする後進国の人にはやたらと横柄だが、なぜか欧米人にはやたらと頭が上がらない情けない日本人のおっさんがたまにいる。私はその手のおっさんではない。フィリピン人のレジの姉さんにあくまでジェントルマン的にお願いする。 すると「交換しない」とコキやがった。さすがにこれには私もキレるがそこは堪えて、 ワイ😤!?(WHY?) と怒りを込めて聞く。 すると「すでにレジを閉めてしまったので開けられない」と訳のわからんことを言う。誰かが何かを買わないと開けられない、と言うのだ。本当かどうか知らんが非常に腹立たしい。 そこで私の頭の中では、 1. マネージャーを呼べ2. 多分、のらりくらりとマネージャーを呼ばない言い訳をするはずなので、その場合は5Dhs札を丸めて投げつける(ちなみに5Dhs札は150円程度です。) とい

Read more   >>
SEP
04
ザ・ワールド・アイランドの今
By:
ザ・ワールドとは、ドバイ政府系列の不動産ディベロッパー、ナヒール社が、マスター・ディベロッパーとして埋め立てを行った、世界地図を模した300の人工島からなるオフショアの巨大プロジェクトだ。 [PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); これぞドバイと言える、野心的で夢があり、圧倒的なスケールであり、ド派手であり、しかしながら経済効率的にはとんでもなく無駄、という非常にユニークなプロジェクトだ。 日本などではタックスぺイヤー(納税者)の圧倒的な反対によって、このようなバカバカしくも実はジニアスかもしれないプロジェクトが実行されることは絶対ありえないと思うが、夢を売ってお金を集めるドバイでは「GO」だ。実際それによってお金が集まってくるのだから、それはそれでスゴイと言える。 ナヒールはまずハームジュメイラの埋め立てを完成し、その後パーム・ジュベルアリ、そしてこのザ・ワールドの埋め立てを完成させた。 しかしリーマン後の世界経済停滞のあおりを受け、3つ目のパームアイランドであるパーム・デイラは埋め立て途中で頓挫し、このザ・ワールドとパーム・ジュベルアリは島上の開発が進まず、その後しばらく放置される結果となっていた。 もちろん当時ナヒール社自身も相当ヤバい状況に陥る。 だが2012年以降のドバイ不動産市場のV字回復とともに、島上の開発を始めるチャレンジャーが現れ始めた。(島にはそれぞれバイヤーがいて、開発はそれらのバイヤー次第となる。)地元ドバイでもさほど知られていないが、ザ・ワールド・アイランドにはすでにビーチクラブがオープン! 一番最初に開発されたのはドバイ王様の家族の別荘だが、最初の商業施設として誰でもアクセスできる施設を開発したのが、インド人ビジネスマンによって開発されたレバノン島(ザ・ワールドには国名がつけられている)のビーチクラブだ。 The Island/ザ・アイランド・ビーチクラブと言う。 昨年、このビーチクラブを訪れた時の写真。確か行くには1人200Dhs強(6000円程度)かかる。   ビーチクラブからオンショアのドバイ高層ビル群を眺めるビューはなかなかのもので、オフショアプロジェクト、ザ・ワールドのポテンシャルを感じさせる。 だがこのビーチクラブが、申し訳ないがはっきり

Read more   >>
MAR
31
再生可能エネルギーの街、マスダールシティの今
By:
ドバイ政府の主導で電気自動車普及のための充電所設置が行われている事は前回のコラム、「ドバイで電気自動車は普及するのか。ついでに中国車は?」で書いたばかりだが、UAE(アラブ首長国連邦)のグリーンエネルギー、再生エネルギーへの関心の高さを最も感じさせるプロジェクトといえば、何と言ってもアブダビのマスダール・シティ(Masdar City、مدينة مصدر)だ。 ドバイもアブダビも、再生可能エネルギーや「サステイナブル」という言葉に関連した事業には高い関心があるが、これは日本のように環境/エコ/省エネが原因で関心があるわけではない。 製造業がほぼ皆無なUAEでは、大気汚染もないし、自前でオイルが出るのでそもそも安くて豊富なエネルギーが手に入る。 というわけで、どちらかと言えばいずれ限りのある原油資源を大事に使うため(自前の商品を無駄に使わないため)に代替エネルギーへの関心が高い、という意味合いが強い。 ところで、この地域で再生可能エネルギーと言ったらまずは太陽光発電だろう。ドバイ/アブダビ/UAEでは、雨もほとんど降らず毎日晴天な上、太陽の日差しは暴力的に強いので、世界で最も太陽光発電には向いている地域ではないかと思う。 もし一戸建ての屋根にソーラーパネルを設置できるのであれば、一家で使うかなりの電気がそれで賄えるのではないかと思う。  写真はマスダールシティのマスタープラン模型。写真左側のソーラー発電施設によってエリア内の電気を賄う計画だ。[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回、たまたまマスダールシティに行く用事があったので、印象を書きたいと思う。再生可能エネルギーの街、マスダールシティマスダールシティは、太陽光発電を中心とした「再生可能エネルギーのみで街を運営する」というコンセプトに基づき開発中のアブダビ政府のプロジェクトで、アブダビ空港のすぐ隣に位置している。マスダールはアブダビ政府傘下の会社だ。 当初の予定では2010年にすでに全体が完成しているはずが、2016年現在完成しているのはマスダール社自身で開発したフェイズ1のみ。確か記憶が正しけれは全部でフェイズ6まであったと思う。計画では、6平方キロメートルのエリアに20 Billion USドル程度の予算を見込んでいたのだ

Read more   >>

お問い合わせ


電話(UAE番号) IP電話(日本から)
 電話/IP電話は、平日(日〜木)ドバイ時間のみ(時差5時間)の対応です。LINE | SKYPEでもお問合せ頂けます。ID:ys-consultancy.com
Share by: