ドバイ自動車

日本車新車、高級外車の並行輸入/逆輸入サポートサービス

ドバイ自動車貿易サポート|ワイズ コンサルタンシー
ドバイは早くから車貿易の中心地であり、DUCAMZフリーゾーンなど第3国への輸出施設等も整っています。そして税金が無いこの国は「世界で最も車が安く買える国」とも言われています。

ワイズ・コンサルタンシーではこのアドヴァンテージを利用し、日本車の販路拡大のみならず、日本では販売されていない車両、またLHDモデルの逆輸入、日本より圧倒的に安い値段で取引される超高級車(スーパーカー)の購入、輸出入(並行輸入、逆輸入)のサポートをいたします。

自動車貿易のメッカ、ドバイ

ドバイは早くから車貿易の中心地であり、Dubai Auto Zone: DAZ(旧DUCAMZ)などの第3国への輸出施設等もそろっています。
ただし中古車ビジネスは飽和状態ぎみであり、早くからパキンスタン人が業界を牛耳っていることから、その中で成功するのは非常に難しい状態です。

だからと言ってビジネスの可能性が無いわけではありません。ワイズ・マネージメント・コンサルタンシーでは以下の2つの方法(円高時/円安時)を提案し、協力できる日本の輸入輸入業者様を常に探しております。

現地での必要な手続きは弊社にお任せ下さい。在庫を抱えない分、弊社では小額のコミッションのみでこれらの手続きを行います。


円高時 - 超高級外車をドバイから日本、または第三国へ輸出

ドバイはフェラーリ、ランボルギーニ、ベントレー、マセラティ、ロールス・ロイスなど超高級外車の保有率が高く、個人売買で市場に出ている高級車の価格は日本では考えられないほど安価です。
加えて、コンテナを使ったシッピングコストも非常に安いという利点もあります。円高時にはドバイ発の超高級車を、日本のニッチでリッチなエンドユーザーに売るビジネスは非常に大きなチャンスがあります。

以下のページでドバイ中古車市場、個人売買、自動車オークション等で購入できる高級自動車と価格の一例をご覧になって頂けます。
<スポンサー広告>
弊社ではお客様の代行として、車のチェック(必要に応じて修理/メンテナンス)、売買手続、ドバイからの輸出手続きと輸出書類の取得、コンテナのブッキングを行います。

以下になぜドバイで買う中古高級車にアドヴァンテージがあるのか理由を上げてみます。
  • 市場価格が圧倒的に安い
  • 雨が降らないためサビなど無く状態が良い
  • 信号が無く道も広い為、走行時の平均時速は速く、スポーツカーに向いており、長時間低速で走る等エンジンに無理をさせていない。
  • 一般的にアメリカからの輸入車よりはるかに状態が良い
  • これら超高級車の所有者は大金持ちが多く、何台も所有している為、あまり走り込んでいない(ただしマイレージは乗っている場合が多い)
  • 町中に信号がほとんど無いため、ストップ&ゴーをする機会が少なく、エンジンなどの状態が良い
  • GCC諸国のスペックはヨーロッパ仕様に準じているため、日本の法規にもマッチしやすい。
  • 税金が無いため、余計な費用がかからない上、登録料なども安い
  • 弊社で日本語にて対応するので詐欺等の心配が無く安心

他に、日本では発売されていないレクサス、ディーゼルエンジンのランドクルーザーや、インフィニティなど高級モデルの日本への逆輸入なども考えられます。

円安時 - 日本車(新車、RHD)をドバイを経由し第三国へ輸出

ドバイには、近隣のアラブ諸国、CIS、インド・パキスタン、アフリカに顧客を持つ中古自動車輸出入業者が多数存在しています。
ただしこれらの多くの企業はパキスタン人の家族経営が中心で、その中に入ってビジネスを成功させる事はなかなか難しいと言わざるを得ません。

そこでワイズでは、信頼できる現地の業者と協力し、右ハンドルの新車日本車を、同じく右ハンドルを必要とする国々へ販売するお手伝いを致します。

ランドクルーザー、パジェロ、ハイエース、ハイラックス・ヴィーゴなどの車種は、新興国家で常に人気があり、価格の折り合いがつけばビジネスが始まる可能性が多いにあります。

ドバイ 自動車関連コラム

タイトル/画像をクリックで詳細をご覧いただけます。external link

<スポンサー広告>
APR
29
ピレリタイヤ走行中パンク→ニットーのタイヤに交換
By:
先日、UAEの北部首長国の1つフジャイラへ出張中、高速道路を時速130キロ(法律適用範囲内です)で飛ばしていると、突然車がガタガタと不気味な振動に襲われた。 何事かと思い車を路肩に止めチェックしてみると、タイヤが見事に裂けていた。今まで走行中のパンクを経験したことがなかったので、車の故障かと思ってヒヤヒヤしてしまいました。私の車はイタ車(アルファロメオ)なのでついにイタ車の洗礼を受けたかと・・・  ドバイで車を所有するにあたり、住民が最も恐れるのが灼熱の砂漠の道を走行中、車がブレイクダウンすることだ。 何しろ砂漠の道には本当に何もない。 だからドバイ(&UAE)では故障しない日本車(特にトヨタ)の人気が絶大。 最近ドバイでは安かろう悪かろう中国車メーカーの進出が盛んなことは先日のコラム「ドバイで電気自動車は普及するのか。ついでに中国車は?」で書いたが、そういう事情があるので中国車が市場シェアを獲得するのは難しいのではないかと思う。 おそらくは同様の事情でイタリアの大衆車、アルファロメオやフィアットなども圧倒的に人気がない。ニットータイヤのiNVO[PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); パンク時の話に戻すが、結局路肩でスペアタイヤに付け替え、スペアタイアの空気圧が全くなかったため近くのガススタンドまでハザード出しながら低速走行し、空気を入れた後は仕事を終わらせ、その後フジャイラのタイヤショップに向かった。 パンクしたのがフジャイラ市街地に近いところで本当にラッキーだった。でなければ何も無い砂漠の道をスペアタイヤで延々と低速走行・・・ と考えるとオソロシイ。 フジャイラではピレリは売っていない UAEでは3年に一度のタイヤ交換が推奨されており、私の車のタイヤも3年経っていたのでそろそろ交換しなければ、と思っていた矢先のパンクだった。 そこでいっその事フジャイラで交換してドバイに帰ろうかと考えた。 ただし問題が。 私の車に最初から付いていたタイヤはイタリア製ピレリのP-Zero 225/40(18インチ)というやつだが、ピレリのようなマニアックなメーカーは田舎のフジャイラにあるわけもなく、他のメーカーを選ばなければならない。 まあ、特別タイヤに思い入れがあるわけでもないので日本製ならなんでも

Read more   >>
MAR
17
ドバイで電気自動車は普及するのか。ついでに中国車は?
By:
今年(2016年)に入ってから私が住んでいるレジデンスの地下駐車場(併設されているホテル用の駐車場)に写真の様なエリアが設置された。 [PR] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); しばらく何だろう、と思っていたのだが誰も利用している風ではない。 実はドバイ政府の「ドバイを世界一のスマートシティにする」というイニシアティブにより、ドバイの電気水道局であるDEWAの電気自動車用充電所が作られていることがわかった。 さしあたってドバイ市内で16箇所オープンしたらしいが、その内の一つがこれだった。今後段階的に100箇所まで増やすとの話だ。 アブダビの、太陽光エネルギーと再生可能エネルギーのハイブリッドで運営されるマスダールシティもそうだが、UAEでは限りある資源(石油やガス)を大事に消費する事を考えており、グリーンエネルギー関連事業にはかなり前から関心が高い。 だが車に関して言えば、実際にドバイで電気自動車が走っているのをほとんど見たことがない。 トヨタ・カムリのタクシーと、BMW i8が走っているのを見かけたが、いずれもハイブリッドだ。 Fisker Karma(フィスカー・カルマ)を見かけたことがあるが、すでに会社が破綻で中東では販売停止らしいし、アメリカ西海岸ではクールな日産・リーフは販売すらしていないと思う。注目のテスラ・モデルSも今のところアメリカからの並行モノしか入ってきていない。 代理店の電気自動車の販売体制自体、全く整っていない状態ではあるが、早速計画を進めてしまうのがさすが実行の早いドバイだ。 ドバイ政府では電気自動車を奨励するために、電気自動車専用レーン、ハイウェイの課金システム「サリク(Salik)」の無料化、電気料金の割引、などを計画しているらしい。 渋滞の酷い朝晩の通勤時間帯には電気自動車を持っていたら専用レーンは良さそうだ。 そんなドバイ王様の意向を受け、早速DEWAでは近く発売開始予定のルノー・Zoeを8台購入したらしい。 果たしてドバイで売れるだろうか 多くの電気自動車は、前述のルノー・Zoeもそうだが、日産・リーフも小型車だ。 ドバイではそのような小型車はまったく人気が無い。 ドバイで、世界の他のマーケットよりも売れている(シェアが大きい)車種と言えば、トヨタ・ランドクルーザ

Read more   >>
AUG
03
UAEのガソリン価格値上げと物価上昇
By:
日本から来訪者が来ると、大体いつも聞かれる事が「ガソリンって安いんですか」という質問だ。こちらが先月までのガソリンとディーゼル価格(1リッターあたり)。スーパー98(ハイオク): AED 1.83 (=USD 0.50) スペシャル95(レギュラー):AED 1.72 (=USD 0.47)ディーゼル:AED2.9 (=USD 0.79)というわけで、レギュラーガソリンの場合、リッターあたり56円程度だったので結構安い。ただしサウジアラビアやクウェートなどでは20円もしないので、GCC諸国の中ではUAEのガソリン価格は最も高いものだった。折しも世界的にはオイル価格は下落の一途で、それによりガソリン価格も下降中・・・だがUAEでは世界的な流れに逆らって8月から値上げだ。というのも、UAEを始めとするこの辺りの石油産出諸国は、その時々のオイル価格によって国家予算が決められている。(と一般的に言われている)アラブの多くの産油国では、オイル価格が1バレル:USD10~20程度で利益が出る、というのが一般的な見方で、多くの人は例え 1バレル:50ドル程度の現在でも大儲けだと思うだろう。ところが国家予算は1バレル:80ドル前後を見込んで組まれていると言われており、過去数年と同程度の予算を組むのであれば、赤字補填するか、オイル以外の歳入を増やさなければならない。ドバイショックで世界を揺るがしてしまったこの国では、日本のようにスーパー打出の小槌(=赤字国債)を振り続けるわけにはいかない。 そういう事情でガソリン価格を上げます。とはUAEエナジー庁は言っていないのですが・・・<スポンサー広告> (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 多分そういう事情なのだろうと察してしまう今月からのガソリン価格は以下のとおり。スーパー98(ハイオク): AED 2.25 (=USD 0.62) スペシャル95(レギュラー):AED 2.14 (=USD 0.59)ディーゼル:AED2.05 (=USD 0.56)レギュラーがリッターあたり71円。なんと25%近くのアップ。日本よりはまだまだ安いが、日本と違い車社会のドバイでは余裕で倍以上のマイレージを走ります。例えば私の家から旧市街地の誰かに会いに行くだけで、行き帰り70キロ

Read more   >>
AUG
30
走りなんて気にしない、イタリアの車たち。
By:
イタリアで味があるのは町並みだけではありません。古いイタリアの町並みには小さい車がよく似合う。ローマの街並と赤の500(チンクチェント)。じつにおしゃれ。オレンジ基調のフィレンツェにオレンジのチンク。 これまたおしゃれ。青・赤・ベージュの3連発。こんな車で古都の街をゆったり走るのも優雅ですね。ところで常に時速100キロ以上で疾走するドバイではこれは乗れません。後ろから来るランクルとカイエンとレンジ・ローバーにパッシング・ビカビカされて、優雅なんてもんではありません。駐車場の4割しか占拠していない・・・。私基本的にイタ車とフランス車好きです。工業製品としての善し悪しは別にして。何と言うかデザインに「遊び心」があるんですよね。この辺の「弾けてる感」が日本車には無いんだよな。一見奇抜なデザインでもどうも「生真面目感」が漂ってしまう気がするのが日本車。まあ、完全に勝手な私の感触なんですが。 ドバイだったらベンツが1台止まってそうなスペースにスマート3台。そういえば、アルファロメオやらフィアットやらイタ車にまじってスマートも非常に多かったですね。だって、こんな駐車だってできちゃいますから。実に馬力のなさそうなちっこいトラック。なんですか?この車は??これは何だ?縦置き駐車でももちろんオッケー。 ブログエントリーへ戻る>>
ドバイ・メトロ
By:
ドバイ・メトロが開通してからそろそろ3年になるが、普段自家用車で移動する自分にとっては数回しか乗った事がなかった。メトロに乗る時・・・それは車をメンテに出している時だけ。今日はたまたまその日だった。車が無い場合、ドバイでは安くて便利なタクシーという方法もあるが、ラッキーな事に自宅もルノー・ワークショップも駅近なので、車をドロップした後は久々にメトロで帰る事にした。よくメトロの乗り方、切符の買い方などを日本から来たお客さんによく聞かれるが、実は自分もよくわかっていない。というわけでチケットの自動販売機の前に立ってみる。・・・・・・。やはりわからん。行き先がゾーンごとに分かれているのだが、どこの駅がどのゾーンで幾らなのかさっぱりわからんのだ。というわけで近くにいる係員らしき人物に聞く。すると窓口に行って買え、だと。要するに係員もわからんのか。結局自販の使い方はわからなかった。ところでドバイ・メトロは非常に奇麗です。確かメトロ内の飲食は罰金だったと思う。駅ごとに警官も見張っているし。これをやらないと後進国ではかなり悲惨な状況になるでしょう。ニューヨークの地下鉄も汚かったからなあ、ガムとか、マクドナルドのポテトが転がってたりして。車両はメイド・イン・ジャパンで乗り心地も非常にスムース。メトロ建設時は「車社会のドバイでは鉄道なんて誰も乗らないだろう」と言う人が多かったが、なんのなんの、乗客結構います。高架橋の上を走るので、車やタクシーとは違ったドバイの景色が見られて結構楽しいです。ドバイに観光に来たらタクシーだけでなく、メトロにも乗ってみることをお勧めします。ただしマイナス面も・・・・今日は気温摂氏45度。ゲロ暑。というわけでメトロ駅から家まで約200メートルなんですが、むちゃくちゃ暑くて挫けそうになりました。普段車移動だと、暑さはまったく気になりませんけどね。暑い事はわかってましたが、車移動が無いとここまで暑いとは。ドバイの尋常でない暑さを再確認することとなりました。 ブログエントリーへ戻る>>
バッテリー突然死(車)
By:
ドバイの四季とは、こんな感じです。過ごしやすい夏(秋)→ちょっと肌寒い夏(冬)→暑い夏(春)→外に居たら死んでしまう夏(夏)そしてドバイもいよいよ夏本番。気温は毎日40度越え、湿度もすごいんです。どのくらいの湿度かといえば、眼鏡・サングラスをしたまま外に出ると「まっ白」に曇ります。そうそう、ラーメン屋で眼鏡が曇るようなレベル。ということは毎日ラーメンの湯気の中にいるようなものということでしょうか。まあ、服着てサウナに入ってるような感じです。こんな状態ですから車への負担も相当なものでしょう。当日は日本からのお客様と待ち合わせてましたので朝一で車をスタートさせようとすると、「カタカタ‥‥‥‥‥」いきなりバッテリー死亡。ちなみにウチのはフランス車(メガーヌ)です。ところでここドバイでは日本車人気は圧倒的です。ベンツやBMWなども人気ありますけど、車に過酷なドバイではメンテフリーな日本車は中古市場でもなかなか価格が落ちません。問題は‥‥ここでは車が故障して動かなくなっても、ディーラーがレッカー・サービス(ここではTow Serviceと言う)などしてくれず、ましてや台車を用意なんて親切なサービスはありえません。ただ今メトロ(鉄道)建設中ですが、車がなければ買い物すら行けないドバイでは、車の故障は一大事なのです。というわけでとりあえずその日は車を放置し、レンタカーを借りてなんとかやり過ごしました。次の日Tow Serviceでウチのメガーヌは日産ルノー・サービスへ。さらに「今バッテリーの在庫が無い」という正規ディーラーではありえない理由でさらに2日待たされ、やっと戻ってきました。そんなドバイでは車関連のビジネスも多数存在します。正規ディーラー、保険会社の他に上記のTow Serviceや街のガレージ等、それから輸入車を第三国(サウジやアフリカ等)へ再輸出したり、右ハンドルを勝手に左ハンドルに替えてしまうビジネスなどなんでもありです。ところで日本車の偽パーツなども多数出回ってるようです。トヨタの車など、正規ディラーでないガレージで修理を続けると、そのうちトヨタマークのついた中国製に変わってしまうかもしれないので気をつけなければいけません。
More Posts

お問い合わせ


電話(UAE番号) IP電話(日本から)
 電話/IP電話は、平日(日〜木)ドバイ時間のみ(時差5時間)の対応です。LINE | SKYPEでもお問合せ頂けます。ID:ys-consultancy.com
Share by: